ものぐさ次郎のDIYと熱帯魚

ものぐさ素人によるDIYと熱帯魚飼育

庭のお手入れ14(ドライガーデンを作りたい③)

大人気「庭のお手入れシリーズ」の第14弾。

 

この企画は、一向に進まない我が家の庭、通称「桜田ファミリア」を試行錯誤、無為無策臨機応変に仕上げていく企画である。

 

さて、この回、結果としてドライガーデン完成は次回へと持ち越しとなった。

目測を誤ったためだ。

さて、いきましょう。

 

 

以前、ドライガーデンを作る箇所を確保すべく、老体にムチを撃ち、亀甲縛りに耐えながら、100キロはあろうサツキを移動した。

苦労の回↓

庭のお手入れ11(ドライガーデンを作りたい①) - ものぐさ次郎のDIYと熱帯魚

 

そして隣家とのスペースにドライガーデンを発動させる。

 

長い努力は端折り、すでに防草シートを敷き巡らせたところだ。

f:id:m-gaman:20210905170253j:image

防草シートの色が違うでしょ?

茶色は残ってたザバーン様。

黒っぽいのは安価なアストロだ。

とはいえアストロ、日本製、遮光率高く、砂利の下に敷けば劣化は遅く、長期間の防草力が期待出来る優れものだ。

素材はザバーンと同じくポリプロピレン

メイド イン ジャパン

この響きは昭和世代の誇りである。

 

さて、ドライガーデンを彩る植物達を紹介しよう。

f:id:m-gaman:20210905170716j:image

ブルースター

700円。

 

 

f:id:m-gaman:20210905170740j:image

ゴールデンモップ×2

500円×2。

 

 

f:id:m-gaman:20210905170758j:image

フェニックスロベレニー

これがこのドライガーデンのメインだ!

コメリで3,240円!これでもきっと安いのだろうが、高い!!

一気にアゲアゲになる!(何が?)

 

 

f:id:m-gaman:20210905171201j:image

不明!

大層前に買ったので忘れた!

 

 

f:id:m-gaman:20210905171237j:image

不明!

オジサンの記憶は1ヶ月しか持たない。

昔覚えた名前は最近の記憶に押し出されるようにして忘却されていく。

 

砕石を敷く前はこうだ。

f:id:m-gaman:20210905170253j:image

配置は迷ったが、正解が見出せないので、適当に植栽した。

水捌けを考慮して、赤玉土軽石鹿沼土を中心に配合した。

 

 

 

そして、我らがコメリでクラッシュストーンを購入。

完全に目測で、10キロ×7個(凡そ2,000円分)を購入。

 

 

さて撒く。

 

 

 

f:id:m-gaman:20210905172246j:image

目測を誤る。

足りない。

あと5袋は欲しかったな…。ちゃんと面積を出して計算しないとこうnow。

 

f:id:m-gaman:20210905171905j:image

まあよい。

砕石を敷き詰めた側を眺めてもらいたい。

 

f:id:m-gaman:20210905171933j:image

フラワーアーチを抜ければ、そこはメキシコ(岩手)である。

 

 

今シーズン最後⁉︎葛丸川渓流へ

早めに出勤するサラリーマンを横目に見つつ、私は渓流釣りへと向かう。

 

そう、休みを取ったのだ。

9/3(金)。

ふふふ、愚民どもはセカセカと働きなさい。

私は働かない。

 

f:id:m-gaman:20210903135913j:image

世の愚民どもは仕事だ。

だから私はゆっくり到着。

時刻は朝6:30。

前回私を攻撃してきた虻は全く見当たらない。

もう9月だからね。

 

f:id:m-gaman:20210903140034j:image

天気は快晴。

日頃の行い、お天道様はちゃんと見ておられる。

 

f:id:m-gaman:20210903140130j:image

堰堤の上流を攻めることにした。

 

f:id:m-gaman:20210903140214j:image

釣り上がる。

 

………

 

異常なし!

 

……………

 

異常あってくれ!!

 

 

…………………

 

 

バラす。

魚はちゃんといる。

私の腕が悪いだけだ。

 

 

 

…………………………

 

 

釣り開始から約1時間半。

f:id:m-gaman:20210903140417j:image

ようやく来ました。

ヤマメちゃん。

サイズは23センチくらいか。

結構上流域にまでヤマメがいることに驚いた。

 

f:id:m-gaman:20210903140526j:image

ヒットポイントはここ。

割と深みのある場所だった。

 

以降、釣り上がるが結局この1匹。

 

前方の釣り客に追いついたので、ここで納竿とした。

つーかさ、こっちの車認識してたのに、僅か1キロ先で釣り始めんなっつーの💢

岩手ナンバーのジムニーさんよ!

同じ県民として情けなく思うぞ。

 

f:id:m-gaman:20210903140833j:image

渓流は今月で禁漁期へ。

もう一回いけるかな?

f:id:m-gaman:20210903140914j:image

f:id:m-gaman:20210903140921j:image

しかし午前の部で体力スカスカに。

オジサンになったものだ。

 

庭のお手入れ13(自転車小屋前を完成させる〜砂利を入れる)

大人気「庭のお手入れシリーズ」の第13弾。

 

この企画は、一向に進まない我が家の庭、通称「桜田ファミリア」を試行錯誤、無為無策臨機応変に仕上げていく企画である。

 

自転車小屋前、放置してました。

f:id:m-gaman:20210801095325j:image

あとでやろうやろうと思ってたけど、そのままにしてた。

前回のお話はこちら

庭のお手入れ⑦(ザバーン様の登場) - ものぐさ次郎のDIYと熱帯魚

 

ま、あとは砂利を敷くだけだ。

f:id:m-gaman:20210801095751j:image

コメリ

@278円×20袋。

計算上は25〜30袋必要だと思われたが、私が何よりも恐れていることは「余すこと」だ。

これ程無駄なことはない。

なので気持ち少なく購入し、具合を見たいのだ。

f:id:m-gaman:20210801100100j:image

いきまーす。

 

f:id:m-gaman:20210801100125j:image

ならしまーす。

 

f:id:m-gaman:20210801100150j:image

平均3センチ程度の厚みか?

ちょっと足りないかもしれないが、底が見えない程度まで敷いたのでこれで良しとする。

 

自転車小屋前、完

エブリイにステーバーを取り付け

f:id:m-gaman:20210813114231j:image

「呪われた看板」を見つけた。

 

さ、エブリイの記事が久しくお留守だった。

エブリイにカッコいいキャリアを搭載し、気分をアゲアゲ(古い)にしたい。

f:id:m-gaman:20210801142754j:image

購入しました、イノー。

ただのバーを取り付けるだけなのに、値段が高いなこの野郎。

15,000円近くしたぞ。

いい商売してるなこの野郎。

 

f:id:m-gaman:20210801142854j:image

この寂しいエブリイをナウく(古い)。

 

f:id:m-gaman:20210801142921j:image

開封

 

f:id:m-gaman:20210801143037j:image

載せる。

 

f:id:m-gaman:20210801143057j:image

載せる。

 

あいも変わらず独りでの作業。

「そっち側押さえてて」

なんてこと言ってみたい。

脚立に乗り、意外にも重い部品を抱えて腕をプルプルさせながら、車体にぶつからないよう慎重に慎重に…。

 

f:id:m-gaman:20210801143351j:image
f:id:m-gaman:20210801143354j:image
f:id:m-gaman:20210801143348j:image

取り付け完了。

 

で、キャリアは?なのだが、欲しいキャリアが25,000円近くするので、小遣いを貯めてからだ。

いい商売してるなこの野郎。

庭のお手入れ12(ドライガーデンを作りたい②)

大人気「庭のお手入れシリーズ」の第12弾。

 

この企画は、一向に進まない我が家の庭、通称「桜田ファミリア」を試行錯誤、無為無策臨機応変に仕上げていく企画である。

 

ライガーデンへの一歩として、まずは流木を使った多肉アート?を作りたい。

流木は田沢湖で拾ったものを使用する。

↓拾った時の様子

田沢湖で流木拾い - ものぐさ次郎のDIYと熱帯魚

 

で、使うのはこれ。

f:id:m-gaman:20210722195051j:image

 

多肉植物に水捌けは必須。

そのため流木に穴を開けておく。

f:id:m-gaman:20210722195233j:image

 

そしてこれ。

ダイソーサイコー

f:id:m-gaman:20210722195303j:image

 

グルーガンで取り付けていく。

f:id:m-gaman:20210722195356j:image

 

グルーガンでいいのかどうかはわからない。

ただ私は突き進む。

f:id:m-gaman:20210722195428j:image

f:id:m-gaman:20210722195444j:image

f:id:m-gaman:20210722195457j:image

土が流れ落ちないよう、

ロリエ横漏れ羽付きギャザー

を付ける。

 

多肉用の土は

f:id:m-gaman:20210722195647j:image

鹿沼土赤玉土軽石をそれぞれ同量まぜまぜ。

f:id:m-gaman:20210722195852j:image

 

混ぜ混ぜしたものと同量の培養土とまぜまぜ。

f:id:m-gaman:20210722195934j:image

盛る。

 

f:id:m-gaman:20210722195955j:image

勝手に庭や道端にまで増殖したゼダムを中心に、多肉植物を乗せていく。

f:id:m-gaman:20210722200111j:image

f:id:m-gaman:20210722200124j:image

f:id:m-gaman:20210722200132j:image

正解が何かわからないが、隙間が埋まって行けばそれなりに見えるであろう。

極寒の地。

外で越冬できる多肉達を今後選抜していきたい。

2021 世の民より早いお盆休み(海や渓流で魚釣り、キャンプ)

f:id:m-gaman:20210813113936j:image

「しづらい」が正解ではなかろうか?

日本語って実に難しい。

 

ここ5年くらいであろうか。

中間管理職というビミョーな立ち位置が故に、ピークのお盆に休みが取れず、前倒し一週間前に夏季休暇を取るのが恒例となっている。

 

まずは8月3日。

この日は次男と海釣り出掛けた。

目指すは釜石。

・・・・・

釜石到着後、釣具屋でエサを買いつつ情報を得る。

釣具屋の主人曰く、「とにかく連日暑く、投げ釣りは期待出来ない」という。また「釜石、平田、唐丹(いずれも地域名)は人が多く、土日に釣られてしまっている傾向にある」とのこと。

このため穴釣り、大槌町吉里吉里(地名)に決めた。

 

目指すは吉里吉里漁港。

というかいつも吉里吉里漁港。

f:id:m-gaman:20210806190235j:image

到着したけど、暑いよ。

35度超え、日影がないので辛い。

f:id:m-gaman:20210806190326j:image

一投でリュウグウハゼが釣れたので、背掛けにして大物を狙ったがそうはうまくいかない。

f:id:m-gaman:20210806190339j:image

穴釣りではいつものドンコ。

ジリジリと厳しい日差しに根負けし、わずか2時間ちょっとで諦めることにした。

 

8月3日は家族でキャンプだ。

ほぼ毎年恒例の雫石あねっこキャンプだ。

世のキャンプブームに乗っかってキャンプ道具が徐々に手元に増えてきたのだが、安いテントを遂に購入。

f:id:m-gaman:20210807185600j:image

ちゃんと設営する前の写真で恐縮、こちらは我らがコメリのアウトドアブランド「ナチュラルシーズン」のテント。

概ね3〜4人用、脅威の9,980円。

やるな、コメリ

テントには私以外の3名+チョビが寝る。

 

f:id:m-gaman:20210807185806j:image

私は当然車中泊

翌8月4日、テントはそのままに、車を20分走らせ田沢湖で子供達を泳がせた。

f:id:m-gaman:20210807185944j:image

この時期、夏休みの子供達でごった返すが、フフフ、なんと8時着。流石に数名しか先客はいない。

キャンプとの合わせ技の効果だ。

 

そして8月6日。

前回、悲劇により竿先を無くしたが、その後、メルカリで中華製のトラウトロッドを入手した。

これだ。

f:id:m-gaman:20210807174755j:image

f:id:m-gaman:20210807174809j:image

詳しいことはよく分からないが兎に角、4.62フィート、硬さはULだ。

グリップが木製、コルクが多い中、変わり種だ。

 

チョビ散歩の後、葛丸渓流へ。

f:id:m-gaman:20210807175026j:image

ここで嫌な予感がした。

車を停めてこの看板を撮ったところ、無数の虻に囲まれたのだ。

現場に到着。

嫌な予感は現実のものとなった。

f:id:m-gaman:20210807175229j:image

車の窓に集まる虻。

車停めると、虻が車に大量に集まり、激しい雨のように車に叩きぶつかってくる。

f:id:m-gaman:20210807175415j:image

見えにくいのだが、車体に線のようにブレて写真に映る物体。これが虻である。

 

虻を払いながらなんとか現場に着くも、私に対する虻の猛攻は止まらない。

私を中心におよそ数百匹の虻がブンブン襲ってくる。

帽子を振り回したり、水をかけて応戦するが、全く歯が立たない。

なんとかルアーを投入するも、両腕、背中、リールのハンドルを回す手まで、刺されまくる。

刺された箇所が血に染まる…。

いてーなこの野郎。

 

一方、過酷な状況を他所に魚ちゃんの活性は高く、たくさんチェイスがある。

この虻さえ居なければ、最高なのに…。

 

わずか10分程度でヤマメがヒット!

f:id:m-gaman:20210807180033j:image

23センチくらいか?

ゆるゆるのドラグも鳴り、引きは楽しめた。

なんとか撮った一枚。

この間も容赦のない虻の攻撃!

たまらず車に逃げ帰った。

 

虻が酷く、葛丸渓流は滞在僅か30分で諦めた。

現場から近い、山王海ダムの支流、滝名川の様子を見に行くことに。

移動の間、乗り降りの際に車内に入ってきた虻を窓を開けてなんとか追払いながらの運転。

 

f:id:m-gaman:20210807180333j:image

ダム入り口。ここには虻はいない。

 

ところが、滝名川に着くと、葛丸渓流ほどではないが、多くの虻が集まってくる。

車から降りず、滝名川も諦める。

 

最後の賭け、雫石は志戸前川に向かう。

山里近く、舗装された道から入渓可能な川なので、人が入って荒れては居ると思うが、虻が居ないならそこで良い。

f:id:m-gaman:20210807180800j:image

入渓は落込みポイントから。

渓相が良く、如何にも釣れそうなのだが、お魚1匹も見えない。

あぁ葛丸渓流、なぜ葛丸渓流…。

f:id:m-gaman:20210807181003j:image

結局、アタリどころか魚の姿さえ見えず、志戸前川は終わった。

結局、午前中で納竿とした。

 

 

海釣り、渓流釣りともに午前中僅か釣りタイム。

暑さと虻にやられ、不完全燃焼となった。

さて渓流は来月一杯までまだ猶予はある!

次に期待したい。

 

ちなみに中華製トラウトロッドの感想だが、ULにしては硬めな印象がらあったが、性能はなんら問題なく、改めて大国の底力を体感した。

ちゃんとヤマメも釣れたし。道具ではない、腕だ。

4,000円、私はこれくらいの竿で十分である。

f:id:m-gaman:20210807181539j:image

庭のお手入れ11(ドライガーデンを作りたい①)

大人気「庭のお手入れシリーズ」の第11弾。

 

この企画は、一向に進まない我が家の庭、通称「桜田ファミリア」を試行錯誤、無為無策臨機応変に仕上げていく企画である。

 

 

 

ライガーデンを作りたい。

この地は雨も多いし、雪もたっぷり。

到底「ドライ」とは無縁だけど、それでもドライガーデンを作りたいのだ。

 

f:id:m-gaman:20210703135705j:image

ここは庭の端っこ。

隣の敷地との境界線。

ここにドライガーデンを作りたい。

のはずが、ご覧の通り、ツツジなのかサツキなのかがここに居座っている。

サツキはツツジの一種なので、取り敢えずここではサツキと呼ぶ。

 

f:id:m-gaman:20210703140004j:image

数メーター挟むと、ドウダンツツジがある。

このドウダンツツジの奥に、サツキを移植し、ここはツツジゾーンにする。

なんか「ツツジゾーン」てカタカナが気持ち悪く見える。

f:id:m-gaman:20210703140114j:image

移植開始。

あーやばい。

ゆうに100キロはあるわ、絶対。

スコップをテコにし、なんとか地上にあげる。

あとは樽を転がすように、左右に転がしながらようやく移植した。

ドウダンツツジの隣にサツキ。

f:id:m-gaman:20210719065505j:image

 

スペースが生まれたコーナー。

f:id:m-gaman:20210719065541j:image

 

ここに作るぞ。